お見合い後の交際について

 お見合い後、お互いに結婚の意志が確認出来た場合、その後の交際についての注意点は?
 帰国後はSkypeによる交際が続くと思いますが、順調な場合は以前よりも頻繁に交信する事になると思います。電話が来ない=自分の事を大切に思っていない、と女性は考えるのでこまめに連絡を取り合うようにしてください。尚結婚する前には女性が一度日本き同棲してみる事をお勧めします。実際に日本で生活する事によって環境や男性の家族と上手くやって行けるかどうか判断できるからです。その為にはお互い最低限の意思の疎通が図れる必要がありますので、女性に日本語を覚えてもらう事が必要になるかと思います。もちろん男性もルーマニア語もしくはロシア語を頑張って覚えるようにして下さい。日々交信する事で双方の語学力が飛躍的にUPすれば、結婚はもうそこまで来ています。

 皆さんお見合いの後も運営者の通訳を通してSkype交信をしているのでしょうか? 
 上にも記載しましたが女性は毎日でも話がしたいと思っています。しかも今度は第3者抜きで二人だけで話をしたいと思うようになります。ただし自宅にPCがありネット環境もある女性会員は皆無に等しいのが現状です。通常つたない英語力やまだ習って間もない日本語やルーマニア語をネットの自動翻訳を行いながら上手くチャットで話しています。従って普段はネットカフェなどで交信をしながら、女性に週に一度位は事務所に来てもらい日ごろ通じなかった部分を私の通訳を通して理解し合うと言う方法を取ってもらうようにしております。

 女性を日本に呼ぶ前に再度渡航する必要はあるでしょうか?
 正しい答えはありません。ただ全く知り合いのいない日本に自分の娘が一人で行くと知った時の両親の気持ちを考えて見て下さい。最低でも女性を日本に呼ぶ前に女性の両親とは会っておくべきだと言うのが私の考えです。もしそれが最初の渡航で可能ならばそれに越した事はありません。

 日本から女性にプレゼントを送った場合、税金がかかりますか?
 郵便局で受け取る際に局の税関職員が立会いの元開封され中身の確認をしますので当然関税が掛かる品物だとその分の税金を払わなくては引き取ることは出来ません。日本の国際郵便局でモルドバの種類別関税率を知ることが出来ますが局員によっては税額が変わるケースがある事も頭の中に留めて置いて下さい。これは抜け道ですが女性に税金を支払わせたく無い場合は荷物の総額を100$以下と書いておく事です。ただ貴金属などの場合はスケジュールさえ合えば、渡航して来る会員さんにお願いしてもって来て貰う場合も結構あります。

 モルドバ女性はロマンチックな性格と聞いてますが交際中は絶えず甘い言葉を女性に掛けるべきでしょうか?
 モルドバの女性はいつも好きになった相手の事だけを見つめていてくれますが、当然自分に対しても相手に見つめて貰いたいという気持ちが強いものです。言葉が一番効果的なのは言うまでもありませんが、あまり背伸びをし過ぎて結婚してから続かないよりは本来の自分を好きになってくれる女性と一緒になるべきだとは思います。ただし一言も甘い言葉をかけない男性を好きになる女性はこの世に殆どいないと思います。